2016ポロクル営業終了!ありがとうございました!

大変ご無沙汰しておりました、事務局のM子です。(Mが付くスタッフが多い)

 

ハロウィン一色になっていた昨日の夜21時、今年度のポロクルの営業が終了しました。

今年も、沢山利用してくれた方、観光で使って頂いた方、現場クルーに声を掛けてくれた方、取材してくれた方、イベントに参加してくれた方、連携・支援・協力、様々な形で沢山の方々に支えて頂きました、本当にありがとうございました!

 

そして・・・ポロクルの運営を担ってくれた、クルー達!本当にお疲れ様でした!彼らは、RSR(ライジングサンロックフェスティバル)での環境対策活動で有名な、NPO法人ezorockに所属する学生を中心とした若者達で、ポロクルのプロジェクトに約50名が参加、現場運営を担ってくれています。彼らがポロクルを支え、ポロクルの顔となり、自転車を通した新しいまちづくりを実践してくれています。

 

昨晩22時15分、サポートセンターに行くと、クルー達が最後のクローズ作業をしていました。営業期間中は毎日22時くらいまで作業してくれています。

ホワイトボードには、

 

図1

 

ハロウィンのかぼちゃと共に、10/31のシフト表の横に「あともうすこしです」とか、

 

図14

 

「ユーザー様に残り1ヶ月頑張ってねと言われました、ガンバロー!」とか、

 

3図1

 

「工具棚整理しました。使ったらちゃんと元の場所に戻してください。工具を戻すまでが修理です」とか。

 

・・・・ちょと涙出そうになりました。

 

全国で、コミュニティサイクル(サイクルシェアリング)事業は77の自治体で実施していますが、若者達が主体となり運営を担っているのは、札幌のポロクルだけ!彼らが、これからの札幌のまちづくりに大きく貢献してくれると確信しています。

ということで・・

今年もありがとうございました!また来年も宜しくお願い致します!

 

2図1